多摩にのせる・クロクロク報告書2(中村充志)ネタバレ注意!ジャンプ一言感想36号(2013年) #WJ

今週も月曜日から!見開きごとのジャンプ感想です。ページをめくりながらどうぞ。おながいします。


新連載。二回目。カラー扉絵。先週の続きから。険しい表情ですね。


呼ばれる?一反木綿と思いきや、絨毯かしら?同級生も展開に関係してくるかな?


屋上から地下に降りる訳か。相撲に負けているのは、塗り壁かしら?ラスベガスに出張…。さぼりまくってたものな。名前聞いてない。


小津十三郎…。顔と腕がバキバキのような…。完璧じゃあないのだな。怪奇現象安全対策捜査係り…KASだと!?


嫌な先輩達。フィギュア割った人は、この悪党っぷりは、妖怪なんじゃない?熱い思いか…。KASは秘密?


恐暴呂爆走組み…。検索しても出てこない。朧車ですか。見えない暴走音って怖いな。


妖怪が見えるコンタクト。科学班とかかな?社会派戦隊マシンケイオスって何なのか?


乗っている妖怪が、妙に可愛い。見えないけどぶつかる?タイマンの申し込み(違います)。勇者か、蛮勇か?


アホだった。もっとギャグっぽくても良いと思う。あれ?今週は剣?早いですね。


如意棒とかとは違うのか…。ヒーローとは?2話はテーマが分からんな。


何もできなかった?楽した?つまりは、囮役ですね。面白いミスリード。みんなあ協力しているんか。


急に少年ぽくなる十三氏。感情のコマの、憧れのヒーローか…。これも展開に影響する?何なのかな?


朧車に乗って遊ぶ…。指名手配班の逮捕と昇進オチが、なんだかほんわかするな。甘やかしすぎな気が…。妖怪日常系?と思っていたけど、3人じゃあない?

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2013.08.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク