乙葉さんが喘息疾患啓発キャンペーンの啓発キャンペーン・ナビゲーターに就任!

以下のニュースを読みました。

アステラス製薬とアストラゼネカは、喘息と上手に付き合うための「喘息疾患啓発キャンペーン」を始動。タレントの乙葉が、啓発キャンペーン・ナビゲーターに就任し、26日記者会見を行った。
ナビゲーター就任式に登場した乙葉は、「8歳のころ喘息を発症し、お仕事を始めてからも辛い症状に悩んでいました。長年、症状が出たときだけ発作止めのお薬を使っていましたが、ある時、吸入ステロイドで炎症を抑える適切な治療法に出合い、それを続けたことで今ではすっかり“症状ゼロ”の毎日を過ごしています」と、正しい治療を受けることの大切さを訴えた。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120927/dms1209271216012-n1.htm
乙葉(おとは、1981年1月28日 - )は、日本のタレント、元グラビアアイドルである。本名、藤井 和代(ふじい かずよ)旧姓・吉田(よしだ)。

長野県北安曇郡池田町出身(出生地は東京都田無市(現:西東京市))。エンタテイメント・プロダクツ所属。現在フィットワンと業務提携という形でマネージメントを行っている。長野県大町高等学校、武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)文学部国文学科卒業。夫はお笑いタレントの藤井隆。乙葉 - Wikipedia
アストラゼネカ(AstraZeneca PLC。NYSE:AZN)は、イギリスのロンドンに本社を置く、売上高世界7位(2005年)の製薬企業である。

1999年にイギリスの大手化学会社ICIから医薬品部門が分離したゼネカと、スウェーデンに本拠を置き北欧最大の医薬品メーカーであったアストラが合併して誕生した。抗がん剤であり、上皮細胞成長因子阻害薬の「イレッサ」(一般名:ゲフィチニブ)の承認を世界に先駆けて日本で獲得したが、副作用などが問題となった。第4回ゲフィチニブ検討会にて、ガイドラインの周知を図ることでイレッサを使い続けることを決定した。アストラゼネカ - Wikipedia
こちらがキャンペーンのHPです。
喘息の方の気道は、健康な方に比べて狭くなって空気が通りにくくなっています。原因は気道の炎症です。チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com-喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

 

最近、インターネット界隈で、なぜか、喘息のことが話題になっていたのですが、どうやら、このリリースが関係ありそうですね。なんというか、もう、このブログは終了で良いのじゃないか?とちょっと思ったりしました。

しかし、キャンペーンが行われることは、良いと思ったのですが、どうして?という気持ちも。今は、夏から秋への時期だと思うのですが、やはり、喘息が出やすい時期だったりするからでしょうか???

まぁ、年中悩まされるモノではありますが・・・。

なんだか、キャンペーンとか、啓発が行われると、世の中的に大変なことが起きているのじゃないか?とか思えてしまいますが・・・。

後、世界の喘息市場が、今後、拡大していく・・・なんてニュースも読んだことがあるのですが・・・その一環かな?と思えたりしましたが???なんだか、ちょっとだけ、不思議に思えたニュースでした。

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2012.09.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク