スカート盗撮教諭を停職にしたら依願退職しないで復職してきたらしい。北海道の話。

北海道ルール

ふーむ。

北海道教育委員会は15日、女子高生のスカートの中を盗撮しようとして停職処分を受けた公立中学校の男性教諭(48)が、停職期間を終えて同じ学校に復職することに保護者から反発が起きたとして、教諭を当分の間、道立の研究所で研修させるとの異例の措置を発表した。 スカート盗撮教諭の復職に保護者反発 - MSN産経ニュース

どういうことだろうか?

普通、こういう事件を起こしたら、辞めるものだと思っていたが。いや、停職は免職とは違う訳だから・・・?

うーん。

札幌市を除く北海道内では過去10年間に同様の事案で7人の教員が停職処分を受けており、道教委は3月、男性を停職2カ月の懲戒処分とした。

 だが、過去の7人は全員が依願退職したのに対し、男性は退職の意向を示さず、同じ学校で復職する事態に。

そういうことか。今までの事例だと、その後に、依願退職していた訳か。今回もそうなるだろうと思ったら、そうならなかった・・・という。

まぁ、「普通は辞める」みたいな認識も不思議な話だけど、なんだかな・・・という感じが。人間性も求められる仕事だと思うので・・・いや、しかし。辞めない度胸が凄い・・・というのも、変な話だけど・・・。

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2012.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク