DD(誰でも大好き)は改造サイリュウムや迷惑なオタ芸でバカ騒ぎする人らしい。

PAC コンサートスティック ブルー

以下のようなニュースを読みました。

「声優オタというのは、とても従順で、統制が取れているのが特徴です。例えば、好きな声優の王国の国民、仲間という意識です」

 変化が起こったのは1年ほど前からで、「DD(誰でも大好き)」と呼ばれる人たちがコンサートに現れるようになった。特にその声優の大ファンというわけではないが、一部のDDは盛り上がっている会場で「バカ騒ぎ」がしたくて来場する。スタンディング会場ではコンサート中に無理やり最前列に行き、曲と合っていない「オタ芸」を披露し大声をあげ、サイリュウムもわざと皆と違った色を掲げたりする。そのサイリュウムも改造したものであったり、両手に何本も持って振り回したりするものだから、周りの人に迷惑になり、火傷をするなどのトラブルも起こったという。
http://topics.jp.msn.com/entertainment/tv/article.aspx?articleid=1251103

ふーむ。私は、「オタ芸」を打つ人達は、アニメや声優さん達にとって、「良いファン」だと思っていたのですが、そうでもない人もいるのですね。

その名もDD。一瞬、童貞かな?と思ってドキっとしましたが、「誰でも好き」というのが、迷惑になるなんて、なんだか、いやな感じです。

秋葉原やオタク文化、萌えなんかが一般的になって、多分、人数とかも増えてきていると思うのですが、その中で、歪みのようなモノが生じてきているのかな?と思いました。

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2012.08.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク