おんせん県(大分県)は温泉数が日本一の大分県。

以下のニュースを読みました。

大分県から“おんせん県”へ―。県や観光団体は観光客誘致に向けた情報発信を強化するため、大分県を「おんせん県」として売り込む取り組みを始めた。温泉自体は全国どこにもあるが、湧出量、源泉総数が日本一という強みを生かし、県観光最大の課題となっている知名度アップに挑む。全国的には「うどん県」(香川県)や「おしい!広島県」といった“改名”が話題になっており、成功例に続けるか、注目される。

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_134524660726.html

ふーむ。間違ってない。けど。何かが、惜しい感じがする。おしい!のは、広島県だけど。

「うどん県」は、そう主張するだけで、ちょっとがギャグっぽくなっている部分があるのだけど?

例えば、京都が「かんこう府」とか、名乗っても「ふーん」という感じがするし…。

実際に、私は、温泉が好きですが…なーんか、もう一捻りあった方が良いのじゃないかな?と思いました。

おしい!は広島県だし???ふーむ。

パっと思い浮かびませんが…。

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2012.08.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク