橋本徹大阪市長が「お前」呼ばわりされ「(略)選挙で落としてくれればいい」と言われる。

以下のニュースを読みました。

橋下徹大阪市長は31日、大阪府と大阪市が開いた震災がれきの受け入れの説明会で反対意見が相次いだことについて「反対の人しか集まっていない。事実誤認で、現在の一般的な科学論から離れた見解が多い」と市役所で記者団に述べ、批判した。

 同時に反対する市民から罵声を浴びたことに触れ「初対面で『おまえ』なんて呼ばれる筋合いはない。常識ある方々じゃない」と強調。「『帰れ』とか『辞めろ』と言うのは結構だが、それなら選挙で落としてくれればいい」と挑発した。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120831-1009314.html

ふーむ。反対の人しか集まっていないのは、反対の人しかこなかったからなんじゃないだろうか。もしくは、反対の人しかいないのじゃないだろうか。もしくは、反対派と討論していた賛成派がいなかったのじゃないだろうか?

一般的な科学論って何だろうか?私が、ネットのどこかで読んだことでは、今回の原発事故のような例が、これまでの人類史上にないから、チェルノブイリなどの放射能汚染よりは、弱い汚染に人がさらされた結果の予測が立たない・・・というのを読んだが・・・。分からないことをにたいして『反対』することは悪いことなのだろうか?

そして、『お前』とか『挑発』は、別に、どーでも良いといえば、どーでも良いのだけど・・・次の選挙で、というのは、気になるところ。選ぶのは、大阪市民だから、私は、何も出来ないのだけど・・・。

それでも、彼は、大阪市以外への影響力が強すぎると思った。

スポンサーリンク




新着ブログ記事。


ZenBack!

2012.09.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

スポンサーリンク

スポンサーリンク